■デリヘル:コンドームで性病予防

■デリヘル:コンドームで性病予防


■デリヘル:コンドームで性病予防
いろいろな欲求を諦めない限り、デリヘルで性病を予防することは出来ません。
フェラの時にコンドームをすることほど、味気ないことはないと思う人もいるかもしれませんが、リスク管理は大事なのです。
デリヘルで働いている女の子の多くがいわゆる素人さんであり、風俗未経験者が多く在籍しています。
店舗型の風俗では抵抗のある女の子が多いことから、お小遣い稼ぎのためにデリヘルでお仕事をしているのです。
デリヘルで遊んで性病予防をすることの出来る方法が一つだけあります。
もっとも確実な方法は、まずプレイ中は常にコンドームをつけるということです。

性病予防をするために、女性の性器や口に、自分の口を触れないことが大事なこととなります。
デリヘルでキスは、かなり大きな比重を占めるのは事実ですが性病のリスクをなくすためには大切なことです。




■デリヘル:コンドームで性病予防ブログ:2018年10月18日

ぼくはお子さんの頃からの音楽好きで、
どんなに環境が整っていなくても、
どうにかして音楽を身近におこうとして来た…と思う。

お子さんの頃、ぼくのために
父が3オクターブくらいの
電池式の小さなオルガンを買ってくれたのがそもそもの始まり。

見よう見真似で、よく聞いていた歌…童謡などを、
そのまま弾いていたのを両親バカなお母さんが聴き、
近所にピアノのうまい高校生のお姉ちゃんを見つけ、
まんまとぼくのピアノの師匠にした。

その先生は当時16歳、
もちろんぼくが一番弟子。
ちなみにぼくのおとうとが二番弟子。

今度はスタンド式のちょっとこましなオルガンを買ってくれ、
バイエルなどを始めた。

その先生の見立てでは
ぼくは音感に優れているらしく、
楽典も小さい頃から始めてくれた。

ちなみに、その先生は腕を買われ、
見る間に弟子を増やした。
その後、音大に進み
結果的に音楽を生業とするきっかけを
ぼくのお母さんが作ったことになった。

しかし、しかし…
ぼくはピアノが確かに好きだ、好きな曲を弾くのはとても好きだ。
機会は減ったがそれは今も変わらない。

でも面白くないと思ったことには関心を示さず、
困った生徒?になっていったと思うが
この先生は若い(ぼくと10歳違うだけだった)のに、
はっきり物を言う人だった。

「あなたはピアノを楽しむのは良いけれど、仕事にするのは考えない方が良い」と
ぼくのいもうと弟子にあたる女の子に実にきっぱりと言ったのが、
今思うと二十歳くらいだったと思う。

そして、ぼくについては天性のもの…
両親からもらった聴覚や指先のタッチ、表現力などについて
高い評価をしてもらった…にも関わらず、
一番練習嫌いの生徒であった。
■デリヘル:コンドームで性病予防

■デリヘル:コンドームで性病予防

★メニュー

■デリヘル:ブログを参考にして女の子を選ぶ
■デリヘル:プレゼントで女の子を喜ばせる
■デリヘル:顔出しNGでも不細工とは限らない
■デリヘル:女の子のプロフィールの見方
■デリヘル:デリヘルの歴史とプレイ内容
■デリヘル:コンドームで性病予防
■デリヘル:デリヘルは素人っぽい子が多い
■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないことも
■デリヘル:デリヘルを利用する時にはホテルがベスト
■デリヘル:女の子と待ち合わせをしてラブホテルへ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報デリヘル情報満載クラブ