■デリヘル:デリヘルの歴史とプレイ内容

ファッションヘルスにおきましては、女性が下着までも脱いで全裸で性的サービスをしてくれます。
フェラやパイズリ、素股などのサービスで、最終的に射精までさせてくれますが、もちろんヘルスでは本番はできません。
まさに男性天国と言っても過言では無いデリヘルというのは、全ての男性の欲望を叶えてくれる風俗です。
数多く存在しているデリヘルの中には必ず貴方好みの女の子がいますので、事前に情報サイトなどで調べておくと良いでしょう。
非常に多く存在している風俗の中で、最も面白い風俗と言いましたらやはり「デリヘル」なのです。
デリヘルは、まだ出来てから10年ほどしか経っていませんが、急成長して現在では風俗産業の稼ぎ頭となっています。

 

デリヘルと呼ばれている風俗は、いわゆる「デリバリーヘルス」の略称となります。
「ヘルス」があって、それを「デリバリー」(派遣)するという意味となります。

 



■デリヘル:デリヘルの歴史とプレイ内容ブログ:2018年12月11日

くだらないことで不条理な親父…

ボクが小学生の頃、
勉強でわからないところがあって親父に聞きに行くと、
最初は機嫌よく教えてくれようとするが…

結局理解できず最終的に
「授業をちゃんと聞いとかないからだ」と逆に叱られた。

中学、高校の思春期に入ると
ボクは親父によく反発するようになった。

その時ボクがよく思ったのは、
親父のようにはなりたくない…ということだった。

安月給の中小企業サラリーマン、
会社でストレスを溜めてきては家庭でやつあたり、
休みの日は家でだらだらとテレビの前で横になり、
そんな親父に対し
ママはぶつくさとボクに愚痴をこぼす。

ボクは親父が嫌いなわけではなかった。
ふざけたことばかり言う親父が好きだった。
だが、親父のようにはなりたくなかった。

ボクが大学に入った頃、親父は鬱病にかかった。

会社の経営が傾いたことが大きな理由だった。
親父の苦労など気にも留めず、
ボクは近所にアパートを借りて家を出た。

時々家に帰ると平日の14時なのに
親父は会社にも行かずテレビの前で横になっていた。

ボクを見ると相変わらず冗談を口にするが、
その顔には疲れがにじんでいた。
人生への疲れに見えた。

就職してからボクは、
親父の苦労が少しずつわかるようになった。

ボクはストレスから二年で会社をやめ、
今は公務員を目指して勉強している。

親父はまだ病気と闘っている。
ママによると、
会社も以前よりは行けるようになったそうだ。

一日一日を、自分と戦いながら生きている。
弟、ママを守る為に…

もしかしたら
ボクに親父らしさを見せようとしているのかもしれない。

ボクは親父のようになりたくなかった。
でもボクはまだ親父を越えられない…