■デリヘル:プレゼントで女の子を喜ばせる

二回目以降に指名をする女性でしたら、事前にプレゼントを購入しておくと良いかもしれません。
「君とプレイするから、プレゼント買っておいたよ」と言って渡せば、きっと喜んでくれることでしょう。
今や星の数ほどデリヘル業者が存在しており、中には破格な料金設定を売りにしているデリヘル業者があります。
しかし気をつけたいのが、安かろう悪かろうということも多いので、どうせデリヘルを利用するならお金を惜しまない方が良いかもしれません。
デリヘルの女性と仲良くなろうと思っているのでしたら、女性に対してのプレゼントはかなり有効な手段と言えるでしょう。
デリヘルの女性も、普通の女性と同じで考え方に変わりは無いのです。

 

デリヘルにはプロ意識が比較的低い子も多く働いているので、プレゼントをもらうことで単純に喜んでくれることでしょう。
もちろんはじめて入った女性に、プレゼントをしたとしてもそれほどの効果はありません。

 



■デリヘル:プレゼントで女の子を喜ばせるブログ:2018年09月27日

我が家には、今、
わたくし達夫婦を虜にするものが2つあります。

まずは、嫁のウエストにやってきた赤ちゃん。
少しずつウエストが大きくなってきました。

お風呂に入っている時と寝る前に、
嫁のウエストをなでくりまわしながら
「起きてるの〜?」「今何してるの〜?」と
様子をうかがうのが連日の日課となっています。

そしてもう一つ、
わたくし達夫婦を虜にしているのが、
ベランダで栽培しているトマト。

嫁は緑が好きで、
前からベランダでハーブなどを育てていたのですが、
わたくしは嫁ほど興味がなく、
「生えてるな」「咲いてるな」程度しか
気に留めることはありませんでした。

ところが、
初挑戦のトマトに、
ガッツリとハートを鷲掴みにされてしまったのです。

最初は、言われるままに土を耕して肥料を混ぜ、
そこに苗を植えただけで、特別な思い入れは
全くといっていいほど無かったのです。

ところが、そのトマトの苗が、
7時見た時と夕見た時で大きさが違うくらい、
それはもうグングン育っていくんですね。

そのうちに花をつけ、
小さな小さな実を付ける頃には…

7時起きたら「元気かな?」と様子を見に行き、
午後は「元気に育っているかな?」と思いを巡らせ、
21時には「こんなに大きくなったのかー!」と感激するほどに情が移り、
「トマ吉」という名前を付けるほどのかわいがりようです。

嫁はわたくし以上の入れ込み様で、
少しでも時間があれば、目を細めてトマ吉を眺めています。
トマ吉だけでは寂しいだろうからと、レタスのレタ吉の栽培も始めました。

わたくしのご飯を炊くのを忘れることはあっても、
トマ吉とレタ吉に水をやるのを忘れたことはありません。